こんにちは!

グリーン整骨院です。

 

今回はぎっくり腰になった時の日常の過ごし方に注意点を書いていきます。

まず①安静の仕方を間違えない・②適度な運動・③正しい動き方に注意していきましょう。




まず①これはどうしても痛いとなるべく動かないようにしよう。ってなりがちですがこれはNGです。これが良いのは痛めて2日程度の炎症期っていう時期までです。この時期でも動ける範囲で動いてもらったほうが治りが早いです。これを過ぎても動かないと治りがどんどん悪くなります。




ここで②が重要になってきます。痛いと前屈みで歩幅が小さくなり、とぼとぼ歩くようになります。これもNGです!腰の深部の腸腰筋という筋肉が働かなくなり余計に動けなくなります。同時にお尻の筋肉が固まりだし腰の関節を支える筋肉が固くなります。※コルセット等の姿勢を安定させる固定具を使いましょう。安心感が出るので歩きやすくなります。








最後の③です。痛みの出ている時の動き方です。歩き方、椅子や床からの立ち上がり方、寝起きの動き方の3本です。

まず歩き方。どうしても姿勢が悪くなるのですが無理して胸を張ろうとしないで下さい。どうするか?目線を上げる。遠くを見るです。これだけで勝手に胸を張った姿勢になります。次に椅子や床からの立ち上がり方です。まず椅子から。簡単です。両膝に手を置いて顎を引いて遠くを見て立ち上がるです。この時に画像のように膝に手を置き身体を起こしながら手で太ももを登るように上体を起こしていきます。なるべく腰にかかる負担を減らします。








最後は起き上がり方です。仰向けに寝た状態をスタートとします。まず膝を立てます。少し膝を左右に倒して痛みの少ない方にゆっくり倒します。次に上半身を横に向けていきます。しっかり横向きになったら腕の力を使い体を起こしますここでの注意点は腹筋を使わない事です。お腹の力を入れると腰の関節に圧が加わりビキッとくるので要注意です。腕の力でしっかり起きたらすぐに立ち上がらず落ち着いたらゆっくり立ち上がる姿勢をとり立ち上がりましょう。








正しく痛みと付き合っていくと痛い期間が短くなり治りも早くなります。痛みが取れたら原因となった筋肉を鍛える、緩める等を行っていけば再発の心配も一気になくなります。

治療で痛みをとり私生活では上記の内容に気をつける。これだけでかなり腰は楽になります。

ぎっくり腰の治療についても以前記載しております。

ぎっくり腰の治療

ぜひ、参考にしてみて下さいね。




グリーン整骨院

カイロプラクティック

鍼灸

マッサージ

スポーツ外傷

交通事故

美容鍼

美容鍼灸

ぎっくり腰

埼玉県越谷市南越谷4-18-12

TEL048-940-0868

新越谷駅、南越谷駅徒歩7分


グリーン整骨院の美顔鍼や鍼灸でお身体のお悩み解決!
〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-18-12 1F
電話:048-972-6646