寝違えによる首の痛みと原因

おそらく今までに1度は経験したことがある寝違いに関してのお話をしていきます。

寝違えってなんでなるの?
何が起こって痛みが出ているかについては、いろいろな意見がありますが正確な原因であるという証拠がないのが特徴です。
要因
睡眠時に不自然な姿勢が続いていたり、寝返りを打つことができない状態が続くことで筋肉が阻血状態になります。そこで起こるコリが原因であることが多いです。
寝具が合っていなかったり、生活リズムの乱れ(睡眠不足、泥酔状態など)があると起床時に寝違いの症状がでるリスクを生じます。

首を曲げたり捻る動作に痛みを訴えるのが特徴的ですが、痛みが引いてきても痺れの症状が残る場合には神経系の障害が併発していることもあるので、早めの医療機関への受診をお勧め致します。

寝違えと勘違いしやすいムチウチ
朝起きた時に首に痛みを訴えた場合、寝違えたと思い病院に行ったらムチウチだと診断された人も少なくないと思います。
寝違えとムチウチ鑑別方法として、寝違えの場合は先ほど紹介した通り首の一部に継続的な負担による炎症、ムチウチの場合では外部的な強力な力の働きにより、関節の可動範囲制限を無理に越えてしまった際に発症する事が特徴です。
強い衝撃が加わることで脳の方へ影響が及ぶと、吐き気や頭痛の症状が出る場合があるので、吐き気や強い頭痛を伴う症状が出ている場合はすぐに医療機関への受診をお願い致します。
交通事故による強い衝撃を受けた場合は自身でムチウチ症状だと判断し、病院や整骨院へ受診される方がほとんどだと思われます。
ですが、転倒時や首の座っていない状態での居眠りなどの軽めの衝撃でもムチウチの症状が出る場合がありますので、朝起きて首の痛みを訴えた場合寝違えたと決めつけずに、数日前に首に衝撃が加わった記憶があるか確認して早めの受診をするようにしましょう。

寝違えた時の対処法
寝違えて痛みが強い場合はまず患部を冷やし、安静にすることが大事です。
ただ、首を安静にといってもイメージがしにくいと思います。
安静にしていても、首は頭の重さや腕を動かす事で負荷がかかるので日常生活では安静にするように心がけていても首の痛みはあるからです。
なので、首を曲げたり捻る動作はなるべく避け、頭の重心が首にかからない姿勢を定期的に作るといいでしょう。

数日で痛みが軽減してきた場合は、首周辺のストレッチを始め血液の循環を良くして自然治癒力を高めましょう。

簡単なストレッチとして3つほど紹介します。

首を動かすストレッチ
①両手を頭の後ろで組みます。
②組んだ状態で両肘を前へ持っていき頭をロックした状態にします。
③この状態で顎を引くように首を前屈します。
10秒~20秒を2セット行います。
※前屈した状態で両肘をくっつけるように動かすと肩甲骨のストレッチにもなるので肩甲骨部まで痛みがある場合は試してみましょう。


首を側方から伸ばすストレッチ
①患部側の腕を45℃程度、真横に開きます。
②この状態で首を健側方向に傾けます。
③首を傾けた一直線上に腕の角度を合わせてキープします。
10秒~20秒を2セット行います。


腕を伸ばすストレッチ
①力を抜いた状態で患部の腕を下げます。
②患側部の腕を少しずつ真後ろに引き上げます。
③徐々に引き上げ、動きの止まったところでキープします。
10秒~20秒を2セット行います。


ストレッチは起床時、デスクワークなどで同じ姿勢が続いている時の休憩中、お風呂上りの身体が温まった状態で行うといいでしょう。
痛みの強い場合やストレッチによって痛みが出た場合はお休みしましょう。




グリーン整骨院

カイロプラクティック

鍼灸

マッサージ

スポーツ外傷

交通事故

美容鍼

美容鍼灸

骨盤矯正

在宅マッサージ



埼玉県越谷市南越谷4-18-12 1F

TEL 048-940-0868

南越谷駅、新越谷駅徒歩7分


グリーン整骨院の美顔鍼や鍼灸でお身体のお悩み解決!
〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-18-12 1F
電話:048-972-6646