今回、一度は聞いたことのある手と指に起こる腱鞘炎のお話をしていこうと思います。
そこで腱鞘炎の中でも多い狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)、弾発指(ばね指)の二つを紹介します。

ドケルバン病
ドケルバン病とは手首に起こる腱鞘炎の一つで短母指伸筋腱、長母指外転筋腱という二つの腱が通る場所にある腱鞘に炎症が起こり手首に痛みが生じます。
母指を通る腱に炎症が起こる為、手関節の親指側に痛みが出るのが特徴です。

手首や親指に負荷をかけ続ける事で、親指を伸ばす働きをする短母指伸筋腱と、親指を広げる働きをする長母指外転筋腱と、この2つの腱を包むトンネル状の腱鞘が擦れて炎症を起こし、2つの腱は腫れて太く、腱鞘は腫れて厚くなっていきます。健側と比べると手首周りがぼやっと腫れている感じがあります。

ドケルバン病の症状
・母指を動かすと、親指側の手首が痛くなる
・手首に負荷がかかると痛くなる。
・親指側の手首に腫れや熱感がある。
・ひどい場合には手に力が入らなくなる。

ドケルバン病になりやすい人
ドケルバン病は主に女性に多い疾患と言われています。
ドケルバン病になりやすい時期として妊娠・出産期と更年期に特になりやすいとされています。理由としては女性ホルモンのバランス異常が原因と考えられています。
ただ単にホルモンバランスの異常だけで腱鞘炎になるのではなく、この時期にお子さんやお孫さんをあやす時の抱っこや家事で手首や母指に負荷をかけ続けている人に腱鞘炎になるリスクが高い傾向にあります。
その他にも、料理人や美容師で指や手首を酷使する職業の人、長時間のゲームやパソコンを使う人など普段から手首や母指に負担をかけている人はリスクを高めます。

腱鞘炎かもと疑った時のセルフチェック
腱鞘炎(ドケルバン病)かもしれないと思った時に自分でもできるテスト法があります。

フィンケルシュタインテスト
親指が真上になるように手を横にします。
この状態で軽く手を握り親指は中に入れます。
軽く手を握った状態で手首を小指側に曲げていきます(尺屈)
この時に親指側の手首に痛みがあれば陽性となります。


治療
整骨院では患部周辺のマッサージや患部に直接アプローチする超音波治療を主体として治療していきます。仕事や家事などで手をどうしても使わなければならないという方には症状に合わせたテーピングで固定をします。
痛みが強く、即効性を求めるのであれば病院でのステロイド注射も効果的です。

腱鞘炎は自宅でのストレッチや手首を酷使しすぎないといったセルフケアが重要になってきますので痛みを感じたらなるべく手首に負担のかかる動作は避け、腕を伸ばすストレッチをしましょう。




グリーン整骨院

グリーン鍼灸マッサージ院

カイロプラクティック

マッサージ

スポーツ外傷

交通事故

訪問鍼灸マッサージ

訪問リハビリ



埼玉県越谷市南越谷4-18-12

TEL048-940-0868

新越谷駅、南越谷駅徒歩7分


グリーン整骨院の美顔鍼や鍼灸でお身体のお悩み解決!
〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-18-12 1F
電話:048-972-6646